2014 12 02 18.42.13

テールが透けている!?マセラティ・カムシンの斬新なデザイン|BORG

2015.07.05
9309

巨匠ガンディーニによってデザインされたカムシン。総販売435台のうち日本にも20台近くが存在する。

マルチェロ・ガンディーニと言えば、カロッツェリア・ベルトーネの元チーフデザイナー。ランボルギーニ・カウンタックやランチア・ストラトス、デ・トマソ・パンテーラなど、スーパーカーをデザインしたことでも有名ですね。

ベルトーネ時代のガンディーニが手がけたマセラティ・カムシン(Khamsin)は、1974年から1982年まで435台販売されたモデル。

動画では1976年モデルが登場していますが、トピックはテールパネルがガラスだということ。サイドからリアまわりにはふんだんにガラスが使われていて、リアガラスの面積も広く、スーパーカーでありながらも後方視界に優れている珍しい車なのです。

V8の4.9リッターDOHCエンジンを、フロントに配置するFRレイアウトだからこそできた技でもありますね。4名乗車でラゲッジスペースも広そうです。
編集:BORG


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop