2014 12 02 14.50.49

サーキットの狼でもお馴染みのBMW 3.0CSLの快走シーン

2015.05.26
18882

マンガサーキットの狼ではピーターソンや京極さくらとともに登場。1971-1973年の3年間で総生産台数は1,039台。 当時のBMW社の市販2ドアスポーツクーペ、3.0CSをヨーロッパツーリングカー選手権レース用ホモロゲーション取得のために軽量化した特別モデル。

200kgの軽量化の証の「L」

3.0CSを更に軽量化させたこのモデル。
Mシリーズにも使われるレースカラーの配置が、ボディ形状を強調している。
ライト付近の形状は時代が進むにつれて徐々に変化しつつあるものの、BMWのアイデンティティはこの頃から健在。
末広がりのフロントリップが非常に良く似合う…..アメリカ車のような、旧車をオマージュしたレトロモダン仕様のBMW車両も見てみたいと感じる走りっぷりだ。



コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop