2014 12 01 18.16.13

懐かしい1100万部売れたサーキットの狼 風吹裕矢の愛車ロータススペシャル

2015.06.26
15237

イギリスのスポーツカーメーカー・ロータスが1966年から1975年まで製造していた乗用車。006年にはヨーロッパSの名で復活している。マンガの世界では伝わらないエンジンサウンドをご堪能ください。

「最終型のヨーロッパスペシャル」

庶民にも手の届くMRスポーツカーとして登場したロータス・ヨーロッパ。
シリーズ1では1.4リッターSOHCエンジンを搭載しつつ、FRPボディを架装し車重は僅か610kgに抑えられた。

モデル終盤では1.6L DOHCモデルが登場。1972年に登場した「スペシャル」では、ヘッドチューン(ビックバルブ化)が行われ、126馬力となった。
動画の車両はこのヨーロッパスペシャルとなっている。

最終型になっても車重は740kg程度と非常に軽量で、126馬力の出力や低い全高、低めにマウントされたMRエンジン等・・・走りに対して重要なポイントが抑えられている。

後継車はロータス・エスプリとなっており、ライトウェイト路線からスーパースポーツへと方針転換することになった。


センター出しの無骨なマフラーから快音を奏でながら、軽快なコーナリングでツーリングなどが出来れば最高だろう。
今の車では中々味わえない、「スペシャルな軽快さ」を体感できそうだ。


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop