Ronin 1998 02 g

【映画とクルマの素敵な関係】RONIN “メルセデスベンツ450SEL(W116) 6.9“

2016.11.14
2079

スクリーンで映える名車の輝き

1


劇中でシトロエン・エグザンティアに乗るロシアンマフィアを追跡するロバート・デ・ニーロとジャン・レノが乗るクルマは、メルセデスベンツ450SEL(W116) 6.9だ。
世界初のABSを搭載したことで話題となった初代Sクラスだが、シトロエン譲りのハイドロニューマッチックサスペンションを採用するなど、技術的にも挑戦的な名車であった。
450SEL 6.9は、数字の通り6.9LのV型8気筒を搭載したW116の最強モデルであり、カーチェイスの冒頭のような白煙に包まれるホイールスピンも容易であった。
サンルーフから身を乗り出し、先行するプジョー605を狙ってRPGを構えるロバート・デ・ニーロと共に、コーナーを駆け抜ける450SEL 6.9のコーナリングにも注目してほしい。
なお監督は、自身アマチュアのレーシングドライバーでもあり、「グラン・プリ」も撮ったジョン・フランケンハイマーである。


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop