Bbi

赤色が似合わないシックな「大人」のフェラーリ・512|坪谷 直哉

2015.07.09
10618

フェラーリのフラグシップとして1970~1980年代を飾ったフェラーリ・512。このモデルの登場時、日本は折しもの“スーパーカーブーム”でした。そのため少年たちの間で一役「時の車」となりました。

フェラーリのフラグシップとして、伝統のV型12気筒エンジンを搭載し、最高速度300kmをオーバーという当時としては破格のスペックを誇る反面、ピニンファリーナとスカリエッティの共同作品による低く、流れるようなデザインは、スペックの獰猛さを華麗に包みこみ、優美さを醸し出しています。

このフェラーリ512が誕生した当時、世界各国で厳しい排ガス規制が課せられた最初期であったため、このフェラーリ・512のエンジンもその影響を受け、フィーリングなどはそれまでと比較しいささかパンチに欠ける部分もありましたが、それでも、このデザインに魅せられた数多くのファンが今でも多数いることは、本動画を見れば言うまでもありません。


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop