1970 datsun 240z 346521345744074

日本を代表する名車 ダットサン

2014.07.22
30021

日本名はフェアレディZ。40年近く前に発売されたものにも関わらず、流れるようなフォルムで現在も高い人気を誇る240Zについてまとめました。1970年代、日産自動車がアメリカ市場で主要なプレーヤーとなる基盤を形成した車です。

外国人が選ぶ人気日産車ランキング2位になった実績も。
4

5



インターネットで見つけた人気記事
””
ビンテージカー専門サイト『Petrolicious』に、1970年型ダットサン「240Z」(日本名:日産「フェアレディZ」)をこよなく愛する男性の映像がアップされたのでご紹介しよう。



240Zのスタイリングに惚れ込んだというデイブ・シュルフさんは、愛車のエンジンを最高出力300hpの3リッター自然吸気に積み替え、さらに後付けのエギゾーストシステムを追加。その影響で、エンジンをかけたばかりだとポコポコとした音を鳴らすが、その後は美しいサウンドを奏で始めるそうだ。

1969年にデビューした240Zは、BMW「E9 2800CS」と同じ直列6気筒エンジンを搭載し、ジャガー「E-Type」に似たスタイリングが大きな特徴だった。つまり、"シュガースクープ"と呼ばれる独特の楕円型ヘッドライトや、長いボンネット、後方に設置された運転席など、E-Typeそっくりのデザインが取り入れていたのだ。発売当初は、ポルシェ「911」など、ヨーロッパ製スポーツカーの安価版という位置付けだったが、徐々に人気が高まり、独自のポジションを確立していった。現在の米の中古車マーケットでは、同年代のヨーロビアン・スポーツカーよりも安い価格で取引されているが、最近はその価値が見直されつつある。

では早速、デイブのインタビューを早速ご覧いただこう。エギゾースト音は、ぜひフルボリュームで堪能してほしい。””
出典
http://jp.autoblog.com/2013/10/15/datsun-240z-nissan-z-petrolicious-video/

2


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop