Screen shot 2014 09 17 at 04.44.38

人々を魅了したあのフェラーリといえば??

2015.06.19
10041

「フェラーリ・F40」の3リッターV8ツインターボは、1980年代で300km/hを突破した。このスペシャルモデルは、日本でも非常に多くの反響を浴びた。

日本のバブル期には異常な価格で取引されたフェラーリ・F40。
400台限定モデルのはずだったが、結局1311台もの数が生産された。

日本のIHI製ターボチャージャーにより過給される3リッターエンジンは、市販車にも関わらずかなりの”ドッカンターボ”。

ABS無しでブレーキやクラッチ、ステアリングもパワーアシストは無い。全くの素人状態では、非常に運転が危険と言われていた。

現代の誰でも乗れるスーパーカーと比較すると正反対な気質だが、それを運転することが楽しみであるオーナーも数多く存在した。



コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop