2014 10 17 2.04.10

メルセデス・300SLにAMGの6リットルV8エンジンを搭載したら…

2015.05.19
22057

オリジナルよりもお買い得な1台

メルセデス・ベンツの300SLと言えば、メルセデスのみならずあらゆるクラシックカーの中でも名車中の名車と目される1台である。1954年にガルウィングと世界初のガソリン直噴エンジンを搭載したスポーツカーとして登場して以来、根強い人気を誇っている。

オリジナルの300SLには、最大215psを引き出す3リットルの直6エンジンが搭載されているが、世界にはAMGによる現代のパワートレインを搭載したものが11台だけ存在する。その内の1台がこれだ。

この300SLは、R129のSL60 AMGなどに搭載されているM119と呼ばれる6リットルV8エンジンをはじめ、トランスミッションは4速ATにしているほか、ブレーキやステアリングホイールなどもリプレースされている。その結果、オリジナルをはるかにしのぐ381psを発揮し、最高速は250km/hにも及ぶスーパーカーへと変貌を遂げた。

この個体は、2014年5月にモナコで行われたオークションに出品され、81万2000ユーロ(約1億1000万円)で落札された。ちなみに、オリジナルの個体は状態が良ければ2億5000万円程度の値がつくことから、かなりお買い得と言える。

1
rmauctions.com
2
rmauctions.com
1
rmauctions.com
1
rmauctions.com
2
rmauctions.com
3
rmauctions.com

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop