Ws002203151

画期的な4WDユニットに世界が驚いた「ポルシェ・959」

2017.02.20
10767


「ポルシェ・959」は、1986年に発売されました。
当時ポルシェが持っていた技術を集結させた車両で、それは時代の最先端といってよい内容でした。

一見すると911の様な外観ですが、共用のボディパネルは無く、ケブラーやガラス繊維を使った貼ブリッド構造です。

959は可変トルクスプリット式と呼ばれた4WDシステムを搭載していました。
センサーが感知した加減速・コーナリング時の車両状態に応じて前後の駆動力配分をコンピューター制御する最先端の技術です。


その後販売されることとなるスカイラインGT-Rの四輪駆動システム(ATTESA E-TS)とツインターボエンジン(日産・RB26DETT)の制御は、959を手本にして開発されたといわれています。



コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop