Ws002203011

コークボトルラインが美しすぎる...「シボレー・コルベット(C3)」

2017.01.26
1278


1968年式コルベットの紹介です。
C3は長年に渡って販売されていた車両なので、様々な仕様が存在します。
前後の盛り上がったフェンダーは「コークボトルライン」と呼ばれ、C3コルベット最大の魅力と言って良いでしょう。

前期型の魅力は「アイアンバンパー」そして「尻上がりのダッグテール形状」でしょう。
スポーティ・ハイパワーな前期型ならではのエッジの効いた形状です。




中期型から樹脂バンパーが装着され、その翌年にはリアバンパー付近の大幅な形状変更が行われます。
コブラボディ等のワイドカスタムや、最終型付近に変更されたリアガラスが斜めに設置されるファストバックスタイルも魅力的なので、こちらを選択する愛好家も存在します。

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop