Ws002202683

「炭素繊維の芸術品」OVERTAKE社のカーボンGT-R

2016.12.16
11880


OVERTAKE社が世に放った「GT-R SLコンセプト」により、製品化されたR35 GT-R用のカーボンボディキットは世界を魅了しています。

フロントセクションがフルカーボン仕様になることは勿論のこと、OVERTAKE社が拘ったのは、「全パーツのカーボン化」。
なんとAピラーとリアフェンダー周りもドライカーボンで製作されています。

ピラーやリアフェンダーは、車両を支える大切な剛性支持部品の為、この部分のR35用カーボンパーツを販売するのはOVERTAKE社が世界初となりました。

OVERTAKEのデモカーは、トータル140kgもの軽量化が行われていました。
その技術は本物です。カーボンリアフェンダーに交換することでなんと純正比67%の軽量化となります。

機能的にも優れていて、尚美しい...カーボンというマテリアルの魅力が凝縮されたGT-Rです。

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop