Ws000336

ホンダDNAによる熱意が込められた旧車「ホンダ・1300クーペ9」

2015.08.09
13543

ホンダ・1300は当時でも珍しい機構を採用しています。当時の本田宗一郎氏の信念が具現化された市販車ともいえるでしょう。



オールアルミ製SOHC直列4気筒1298ccエンジンは、4連キャブレター仕様で115psを発揮し、空冷にも関わらず当時の1300ccクラスかなりのハイスペック仕様となりました。DDACというユニークな空冷方式も採用されましたが、4輪車における空冷採用は開発陣との対立に発展。

その後のホンダ4輪車では、水冷エンジンが使われるという方向へ転換されることになりました。

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop