Ws0000040

これぞフェラーリV8サウンド! 「フェラーリ・F355」

2015.06.22
9323

V8気筒3500cc 5バルブエンジンによりフェラーリ製のV8サウンドが堪能できるモデル。レブリミットは8500rpm、6MTやレカロシートなどが初採用された。

「より高回転化し、官能的なサウンドが響く」



フェラーリ・F355は1994年に発売された。
甲高いV8エキゾーストやカロッツェリア「ピニンファリーナ」によるデザインなど、フェラーリらしい魅力は満載。
そこにレカロシートや運転席SRSの採用など、従来のフェラーリとは違った近代的なポジションや装備となっている。

パワステも標準装備とされているが、なんと「パワステレスオプション」も設定。ピュアなハンドリングを求める層へのフェラーリの心遣いが伺える。
しかしMRのフェラーリとはいえ、225/40ZR18をフロントに履く時代。低速の切り替えしを考えればパワステ標準装備は妥当な装備だろう。

直線的なエッジの効いたピニンファリーナデザインとV8フェラーリサウンドの両方を堪能できるモデルとなっている。

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop