Ws0000036

7分50秒でニュルを走る・・・新型シビックTypeRが超絶速い!!

2015.06.20
14685

新型シビックTypeRはターボモデルとなっている。しかし、スーパーカーと比べれば控えめな馬力・・・それでも8分を切るタイムを達成しているのは、コーナリングでタイムを稼いでいるからだろう。

「FFで大出力車を超える7分台へ」




新型シビックTypeRの復活で、再びホンダの「TypeR」が動き出した。


2リッター直4ターボエンジンは、310ps/6,500rpmと最大トルク40.8kgm/2,500rpmを発揮する。
歴代の様に、NAで攻めないのか??と、誰もが思っただろう。
しかし、近年の安全性を高めたボディと性能を両立する為にターボという選択をホンダは選んだのだろう。
2500rpmから発生する40kgmオーバーのトルクの恩威は、コーナリングマシンとしては非常に大きい。

終盤のロングストレートでは270km/hまで最高速が伸びるが、このストレートに関しては非力さが否めない。
それでも、コーナリングで充分にタイムを稼いでいるため、8分を切れない大出力の車両に、結果として勝ることができるのだ。

「TypeR」の名を冠するからには、妥協は許されない・・・そんなホンダの姿勢が伝わってくるホットマシンに仕上がっている。


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop