Ws0000022

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVがニュルブルクリンク7分切りを達成!

2015.05.19
17497

アヴェンタドールSVが6分59秒73という記録を達成。ロードカーがニュルで7分を切る・・・トータルの性能でランボルギーニの実力が証明された。


「フェラーリ、ポルシェに並ぶ大記録」

ランボルギーニ・アヴェンタドールSV。
歴代のSVの名に恥じない・・・・・むしろ、歴代を超える快挙を達成した。
ポルシェ・918スパイダーやフェラーリ599XXに肉薄する記録をニュルブルクリンクで達成。
動画はその際のオンボード映像となっている。

ランボルギーニが熟成を進めているのはMR+4WDによる走行性能の追及。
SVモデルの1,525kgという車重は、各部を煮詰めて50kg軽量化された結果だ。
それでも、ライバルに比べて劇的に軽いわけではない。エアロダイナミクスの向上や、足回りの最適化などの研究・努力が好タイムに繋がったと考えられる。

性能よりも力溢れる印象が強いランボルギーニだが、ここ近年は走行性能にも妥協が無い。
従来の売りであるルックスや存在感に加え、総合的な走行性能をも持ち合わせる完璧なスーパーカーを目指している様だ。
ランボルギーニ製ロードカーによる7分切り・・・・・この記録を受けて、各社の戦いはますます熱くなることが予想される。


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop