Ws1000434

驚異的な軽さ! 「ケーニックセグ・アゲーラS」の20インチホイールを投げ上げる・・・

2015.04.18
5745

驚異のバネ下軽量化! リア20インチ12.5Jのカーボンホイールは6㎏台。日本は強度試験が厳しく認可が降りにくいですが、各メーカーが現在奮闘中です。

2タイヤはミシュランの420km/h対応の特別モデル

驚異的な軽さ・・・・・6㎏台の軽さを、リア12.5Jの20インチで実現する・・・感覚としてはコンパクトカーのホイールの重さですね。

しかし、ほぼレース用として認知されているカーボンホイール。

日本ではカーボンホイールに対する明確な基準が無い為、JWLの定めるアルミホイールの強度試験をパスしなければならない。
衝撃試験では、アルミから1分間エア漏れがない事が条件であり、リムが曲がって衝撃を吸収するアルミに比べて難易度が高い。

しかし、日本のメーカーも力を入れて開発を進めているカーボンマテリアル。
今後はバネ下重量の革新的な軽量化が進むかもしれない。

詳しくは動画を見る。

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop