Ws1000411

421馬力を発揮する「スーパースイフト」の制作過程に迫る!

2015.04.16
8908

先代カルタスの時代からスズキ愛したモンスター田島が率いる「モンスタースポーツ」。妥協のない作り込みは、クラスを超えたスペックを発揮する。

・M16A改1900㏄はターボ化され、421馬力/トルク46.2kgを発揮

純正の車重をほぼ保ったまま補強され、4WDで420馬力以上を発揮する「スーパスイフト」。
ボディの作り込み、補強、空力実験等・・・・スズキコンパクトへの想いはどの会社より強いだろう。
「一発勝負の馬力」ではないスペックは、サーキットからラリーまで幅広くカバーする。
拘りと職人技がマッチして実現した、本物と呼べるジャパニーズスポーツハッチに仕上がっている。


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop