Ws1000311

これが1050馬力の走り! 最強のハイブリッドフェラーリ 「FXX K」

2015.04.09
13615

パワーインフレが進んでいる。HY-KERSのアシストはなんと190馬力!



「ラ・フェラーリ」ベースのサーキット走行専用車

「FXX K」は、ラ・フェラーリをベースとしている。
ラ・フェラーリの合計出力は963ps、車重1255kg。
このスペックを見ると「既にサーキット走行車両では?(公道でまともに踏めるのか?)」という疑問が生じるのが普通だろう。
しかし、ラ・フェラーリはまぎれもなく「公道仕様車両」である。
ナンバー付き行動車両という枷を外せば、馬力・車重・エアロダイナミクスの全体を引き上げることが可能。それは「FXX K」の作成により証明された。



200馬力近くの出力をアシスト。F1譲りの攻めのハイブリッドシステム「HY-KERS」

ラ・フェラーリをベースに、更にチューンが施された6262cc V12型自然吸気ユニットは860psを発揮。回生エネルギーを利用するHY-KERSによるアシストにより合計で1050psを発揮する。

F1で培われた技術をフィードバックし、モーターで190psを上乗せする。
ベースエンジンの出力が860psとはいえ、普通乗用車クラスのエンジン出力と同等レベルの出力をエネルギーとして回収するのは驚きだ。


レギュレーションに縛られないフェラーリの「本気」

動画ではピュアなV12ハイチューンサウンドと共に、「本気」の走りを見ることができる。

F1や公道仕様車では、レギュレーションや法律・自主規制等が存在するが、FXX Kはレース参戦車両ではない為、レギュレーションに縛られない。
「FXX K」が走るということは、フェラーリ渾身の技術がその場で解放されることを意味するだろう。

サーキット走行専用車なのにレースカーではない車両。そんな贅沢な車両は、32台が販売されたが「即完売」となった。

詳しくは動画を見る。


コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop