Ws000648

BNR34「SKYLINE GT-R」 筑波56秒台の走り。

2015.03.18
10562

1999年1月の発売から16年、現在でも色褪せない「最後のスカイラインGT-R」


第二世代最後のGT-Rであり、スカイラインとしてのGT-Rグレードとしては最後となった「BNR34」。
今後、スカイラインのネームが必ずしも復活しないとも限らない。それでも34Rは魅力的な車であり続けるだろう。

GT-Rを作ることが前提であっても、「スカイライン」がベース車両であることが前提であった。
R35 GT-Rはスカイラインの歴史が無ければ存在しなかったと言っても過言ではない。
R35は勿論素晴らしい。第三世代専用のプラットフォームを使いトランスアクスルレイアウト+DCTの導入等の性能強化にあたり、スカイラインのネームが消える結果なった。

動画の車両は筑波TC2000にて56秒台のタイムを叩き出す。
RB26を搭載するGT-Rのチューンドカーベースの素質は、2015年になった現在においても健在だ。

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop