Ws000558

LF-SAコンセプト。放射状スピンドルグリルが目を引きます

2015.03.07
4179

レクサス、新しいパッケージでベンツAクラスやスマートなどに対抗か?


3450mm×全幅1700mm×全高1430mmと、ほぼ5ナンバーサイズながらも軽自動車と同じくらいの全長の短さで構成されているレクサス「LF-SA」。
放射状に広がるスピンドルグリルは「コンセプトカー」という点を考えても非常に強いインパクトを感じます。
かつてないグリル形状はこの車両の為の意欲作の様に感じます。
コンパクトカーながらも押しの強いデザイン。
特徴はエッジが利いたデザインに加えて、前後オーバーハングが非常に短い点。
このLF-SA以外でも、A~Bセグメントクラスにレクサスが参入してくる可能性は十分にありそうですね。

コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop