Maxresdefault

50年の差があるシボレー2台を使った、オフセット衝突実験

2015.05.31
35543

50年分の進化を感じられる実験に。しかし、犠牲になった1959年式のインパラが「勿体ない」という声が世界中から聞こえてきそうだ。

「技術の進歩は、非常によく確認できるが・・・・」

2009年式 シボレーマリブと1959年式シボレー インパラのオフセット衝突実験。

北米において特に重要視されている全面の一部を衝突させる実験が、年式に50年の差がある車両にて実施された。

ボンネットが長く、運転席から距離があるインパラだが・・・・・なんとAピラー(運転席前の柱)が千切れてしまった。
2009年式マリブに関しては、流石に近代の車両。ドライバー側を守る構造になっている様だ。

この実験により、衝突に関する技術進化は証明されたが・・・・・
50年前の旧車を愛す人々からすれば、もう生産されない車両を実験にすることは「勿体ない」と感じてしまう実験となった。

詳しくは動画を見る。



コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop