2015 01 04 23.53.38

レーシングカーが公道を走る風景 in パリ

2015.01.05
13366

メルセデスベンツ・CLK-GTRが普通に走っている…

フェラーリやランボルギーニは、スーパーカーには違いないが、東京のど真ん中であれば、少し注意していると案外目にすることもあるものだ。しかし、こんなレーシングカーが突然街に現れたなら、ちょっとした騒ぎになるだろう。

フランスの首都・パリの通りを走っているのは、メルセデスベンツ・CLK-GTRだ。これは、メルセデスとAMGがFIA GTに参戦するために開発したGT1規格のレーシングカーである。当時、GT1規定では、ホモロゲーション取得のために、最低1台のロードカー(公道走行可能仕様車)を製作することが必要だった(例えば、日産もR390 GT1のロードカーを製作したが、実際に販売されることはなく、現在も日産が所有している。)

しかし、メルセデスはCLK-GTRのロードカーを25台製作(他にロードスターモデルが数台存在する)し、実際に販売された。当時の販売価格は約2億5000万円だった。日本でも、某有名音楽プロデューサーをはじめ数台が存在したと言われている。このように、この動画にあるCLK-GTRはれっきとした公道走行可能車両であり、運が良ければ日本でも見かけることができる(かもしれない)。

最後まで読んで頂いた熱心な読者の皆様のために、1つプチ情報を。このCLK-GTR、なんと日本でも販売中だ(1月5日現在)。しかも、新車未登録である。さらに驚きなのは、日本最大級の中古車検索サイトで普通に販売されていることである。お値段は4億4000万円。興味のある方はぜひとも見つけ出してみて欲しい。




コメントを書く
このテーマでもっと動画をみる!
Backtotop